【仮想通貨FXの税金】仮想通貨の確定申告でかかる税金とは?

tax of bitcinfx

仮想通貨のビットコインFXを利用して利益を得た場合には確定申告を行なう必要があり、税金が発生します。

仮想通貨のビットコインFXでかかる税金は、一つだけではなく、二種類の物がかかることになります。

この二種類の税金は所得税と住民税になり、ビットコインFXを利用して得ることが出来た所得が大きくなれば大きくなるほど、税金が発生することになるので注意が必要です。

但し、所得税には控除額がありますので、ビットコインFXで利益を出すことが出来ていても控除額の達していない場合は所得税に関しては支払う必要もないので安心です。 控除額は所得が一定の金額以下の場合は発生しないシステムですが、ビットコインFXのみで控除額が決まるわけではなく、自分自身の収入と合算することによって決まりますのでよく確認をすることが大切になります。

計算を間違えてそのまま確定申告をしてしまったり、自分自身の収入を考慮せずに確定申告を行わなかったりすると後からトラブルにもなりかねませんので注意が必要です。 これらの税金は、雑所得と呼ばれるものになります。

雑所得で確定申告をする必要があるため、住民税も含めて計算をする必要があります。また通常雑所得の場合は20万円以下であれば、申告が不要になりますが、細かい条件も発生するため、念のために確定申告をしておくか、税務署に確認をしておくと安心です。

そのまま放置をしていると後から遡って請求をされることもありますので、注意が必要です。 次にビットコインFXをしている中で、どのタイミングの取引で税金が発生をするかですが、これは取引を行っている中で、利益を確定させた場合と損失を確定させた場合の2つの項目になります。

利益を確定させた場合だけではなく、損失についても年間を通してであれば、計上をすることが可能です。

但し、年間を通してのみになりますが、年をまたいで計算をすることは出来ませんので注意が必要です。 去年は利益が出ている状態で、今年に入ってから利益が出ていない場合でも確定申告をする場合には去年の分しか計算をされません。

今年の分は今年でしか計上をする事ができませんので、去年の利益をそのまま使い果たしてしまうと支払いをすることができなくなる可能性もある為、注意が必要です。 他の物は分離課税になっており、仮想通貨の場合とは勝手が違うので、同じ様な感覚で取引をすると危険です。

きちんとどのタイミングでどの様な時に課税されるのか確認をすることで、払えなくなるような心配もなくなります。

申告をするためには自分で取引所から今までのデータをもらう必要がありますので、注意が必要です。

まだ仮想通貨は始まって間もない物になりますので、取引所も勝手に取引データを送ってくれる訳ではありません。 ほとんどの取引所が、自分から要請をしないとデータを送ってきてくれない状態です。

申告に間に合う様に事前に問い合わせをしておくことで、トラブルを避けることが出来ます。

自分自身で取引をしたデータを保存しておくのも良いですが、きちんとした物でない場合は、申告漏れが起きてしまうこともありますので注意が必要です。 自分自身で取引データを保存していくと手作業での入力になるため、ミスをしてしまう可能性も考えられます。そこで申告漏れを指摘されてしまうと後々遡って請求をされることもあるので注意が必要です。

取引所からの正式なデータであれば、申告漏れをすることもないので安心です。

きちんとした物を利用して申告をする事ができれば、トラブルが起きることもありませんし、申告漏れが発生することもありません。特に初めて申告をする場合には注意が必要です。