【イーサリアム高騰中】要因と今後の動き

イーサリアム高騰中

ここ2、3日で30000円を突破し、早くも40000円に近づこうとしています。イーサリアムの時価総額を考えても、ここまで急激に高騰するとは誰も予想しなかったでしょう。

 

高騰の要因

 

韓国からの資金流入

 

イーサリアムのMarketを見てみると、ビットコインからイーサリアムの買い替えが一番多く、次にコリアンウォンをイーサリアムに替える動きが起きています。もともと韓国は自国通貨に対する信用が低く、資産を守るために一部をビットコインに替える動きが盛んでした。ここ最近は落ち着きを見せていましたが、ここ最近イーサリアムに関する好材料が多かったためにここに来て買いが殺到したと考えられます。

 

イーサリアムの開発者、Vitalik Buterinとプーチン大統領が会談

 

6月1日に始まったサンクトペテルブルク国際経済フォーラムでロシアのプーチン大統領とイーサリアムの開発者、Vitalik Buterinが会談した。
内容は公開されていないが、ブロックチェーンの利用可能性などについて話したとされています。Vitalik Buterinはロシアの他にすでにアメリカ、カナダ、イギリス、スイス、ロシア、シンガポール、中国、台湾などの政府と談話をしているとのことです。

今後の動き

 

ここ最近の仮想通貨の動向を見ると、高騰した通貨はその後大きく反発しています。今回のイーサリアムも暴落する可能性を持っています。6月12日現在、価格が落ち着いているため、ここで買うのはかなりリスキーかもしれません。

 

上のグラフは仮想通貨全体に対するビットコイン、イーサリアム、リップル の時価総額の割合を示しています。

この一ヶ月、ビットコインの割合は50%~44%を推移していましたが、6月12日現在43%台に突入しています。矢印が指すように、ビットコインの割合が下がると再び50%に戻るような動きがあるため、今後イーサリアムからビットコインへ資金が動く可能性があります。

また、イーサリアムとリップルにも値動きの特徴が見られ、今回も同じような動きをするならばリップルは上る可能性が高いと考えられます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です