仮想通貨の不正引き出しに補償【Coincheck】【bitFlyer】

国内初の仮想通貨補償サービス

国内大手の仮想通貨取引所のcoincheck と bitFlyer がユーザーのIDやパスワードの不正利用による損失に対し、被害を補償するサービスを導入。(国内初)

【coincheck】

ユーザーアカウントへの「不正ログインにかかる損失」を最大100万円まで補償。取引所Coincheckにおける「なりすまし」補償を開始

・東京海上日動火災と連携
・日本円およびビットコインでの不正送金にも対応
・補償上限:最大100万円
ただし、補填されるのは「2段階認証」が設定されている場合のみ。ユーザー側もセキュリティレベルを上げなければ適用されません。

<2段階認証とは?>
ID、パスワードの確認に追加して、さらにセキュリティコードによる確認を行うことで、より安全にログインするための仕組み。coincheckでは二段階認証をGoogle社が提供するアプリ(Google Authenticator / iOS, Android)を採用しています。
◎2段階認証の設定方法⇒2段階認証の設定方法
(↑coincheckだけでなく他社をお使いでも、二段階認証の設定をお勧めします。)

【bitFlyer】

国内初 仮想通貨取引利用者のメールアドレス・パスワード等の盗取による不正出金被害の補償を開始
・三井住友海上火災と連携
・ビットコインとイーサリアムを日本円で出金された場合
・補償上限:保有残高に応じて

このような顧客保護を充実させることで、安心して取引できる環境作りが取引所の信頼に繋がりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です