ビットコイン急落、調整局面か?

ビットコイン相場分析(5/29)

5月は月初からビットコインの急騰が続き、過熱感のある相場でしたが、先週ついに急落!価格が34万から一気に10万円以上の下げを見せました。

週末のニュースでは「ビットコインの急騰」について取り上げられていましたが、その時には下落しているというスピード感。果たしてビットコインはこのまま下落していくのでしょうか?

Bittradeビットコイン円現物:日足チャート


(テクニカル分析)一目均衡表 5/29
 

ビットコインや他の仮想通貨はファンダメンタルズがない相場と言われるとおり、チャートの値動きはテクニカル分析と価格帯によるレジスタンス・サポートラインが効きやすく、意外と読みやすい。

今回の急落も30万円台乗せ以降は「長い上ヒゲ」が何度も出て、なかなか上がらない状況でした。そこにドスン!と急落。いったんは直前にもみ合っていた「26.25万円」で止まったものの、その後更に崩れて20万円割れ。仮想通貨取引初心者の「狼狽売り」が出たかも。

<上下方向にエネルギー放出>
急騰後の急落はある程度”行く所まで行きます”。その後ポジションが軽くなると「もみ合っていた価格帯まで戻る」というケースが多く、今回もそのあたりで価格が落ち着いています。ここからがポイントですが、トレンドラインを引いてみるとまだ上昇トレンドをキープしています。これまでの上げ幅が急激だったため、調整は必要だったと考えます。

Bittradeビットコイン円現物:60分足チャート


(テクニカル分析)一目均衡表 5/29

5月26日(金)に一目均衡表の陽転雲を下抜け急落、27日(土)に大底をつけて反転し、現在:27万円台で推移しています。

<相場のポイント60分足>
【テクニカル】一目均衡表の「陰転雲の上抜け」に成功しています。基準線と転換線のサポートを受けながらこのまま上昇していけるかがポイント。

【価格目標】1BTC=30万円のライン。(急落する前の水準)ここまで下げてしまうとさすがに34万円は遠く感じますが、ここは仮想通貨の世界。何が飛び出すかわかりませんね。現物取引の方は余裕資金で楽しんでいきましょう。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です