IOU取引とは【リップル】

リップルのIOU取引って何?ビットコインと何が違うの?

 

リップルは、リップルコイン(XRP)という仮想通貨のことを指すことが多いですが、本来はリップル社が開発した「金融商品の送金・決済システム」のことを指します。ビットコインの送金時間やマイニング のハードルなどの欠点を補った暗号通貨として注目されています。

 

リップルのシステムを介して取引を行うことで、処理にかかる時間とコストを抑えることができます

 

例えば日本円から米ドルに両替する際に、円をXRPに交換して、そのXRPを米ドルに交換することで、手数料を低く抑えることができます。
国際的な決済では銀行での手続きなどに時間がかかりますが、リップルを用いることで短時間での決済が可能です。

 

 

リップルはこのように通貨の交換の渡し舟となることから、「ブリッジ通貨」と呼ばれています。

この取引を行う際にリップルが消費され、それがリップル社の利益となります。

 

 

 

リップル(XRP)はどこから来るのか

 

リップルの発行上限枚数は1,000億枚です。ビットコインは上限2,100万枚なので、それと比べると非常に多い枚数となります。
ビットコインの場合、マイニング をしていくことでコインの枚数が徐々に増えていきますが、リップルの場合は最初から1,000億枚が存在しており、取引が行われるごとに徐々に減っていくという仕組みになります。

 

 

IOU取引とは

 

さらに、リップルは「IOU取引」という取引方法を採用しています。
今回はそのIOU取引についてわかりやすく説明していきたいと思います。

IOUは英語の[I Owe You]から来ており、「私はあなたに借りがある」という意味があります。
つまり、「IOU取引」とは、「借用書の取引」ということになります。

通常の借用書は、貸す側と借りる側の二者間で成立します。
ですがリップルは、リップルのネットワークに参加しているユーザー同士であれば借用書を通してお金のやりとりが可能になります。

例えば、Aさん、Bさん、Cさんの三人がいたとします。

AさんはBさんに千円借りており、さらに

AさんはCさんに千円貸しています。

このような場合、BさんがAさんに対して千円を返してほしいと言われたら、CさんがBさんに千円支払うことで三人のお金の貸し借りは無くなります。つまり、借用書をやり取りして最後に払い戻しをすることで取引が完了するわけです。

厳密にはもう少し細かいところがあるのですが、こういうイメージの理解で大丈夫でしょう。

これを巨大なネットワーク上で実現したのが、リップルのIOU取引なのです。


簡単な説明でしたが理解していただけたでしょうか。

リップルは非常に注目されているシステムであり、通貨の価格も高騰しています。

投資目的で買ってみるのもいいかと思います。

 

リップルを買うには?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です