ICO規制が一時的なものであることを中国の役人がインタビューで示唆

中国のICO規制に関するFUD(大衆が信じているようなものとは反対の情報を流すことで、大衆に認識に影響を与えようとする戦略)が終わったように思われます。

月曜日のICO規制を行うという発表により世界的なパニックが生じた後で、中国の広報官は

中国はライセンス制度を確立した後に、ICOを再開する見通しであるという立場である

と発言しました。
これはCCTV-13という中国のチャンネルでインタビューを通じて行われたものです。

また、ブロックチェーン領域のイノベーションがICO規制によって止まってしまうのではないかと質問に対し、
禁止のための規制ではなく、投資家を守るための規制であったと返答しました。

 

もちろん、これが政策決定者すべての意見を代表するものではないということに注意する必要はありますが、何らかの形でICOが戻ってくるのではないかと考えられます。

 

以下が、そのインタビューの動画になります。

http://www.miaopai.com/show/dVaBJDt-e17CegTNejRK3Yucmb-COufKeVOduQ__.htm

 

参照:http://bittox.com/2017/09/07/1380/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です