8/24~8/31の仮想通貨注目ニュースをまとめ読み!

この一週間の仮想通貨の動向についてみていきましょう。

まずは価格です。

BTC ETH XRP BCH NEM LTC
始値 $4332.82 $326.11 $0.2172 $627.06 $0.2627 $50.17
最安値 $4269.52 $325.80 $0.1966 $528.32 $0.2565 $49.84
最高値 $4736.05 $388.75 $0.2610 $665.41 $0.3491 $72.28
終値 $4703.39 $383.04 $0.2556 $588.17 $0.3372 $71.06

 

仮想通貨時価総額の上位6つのうち、BCH以外の5つの通貨の価格が高騰しています。ここから、今週は仮想通貨の値動きが好調であった週であることが分かります。

では、今週あった主要なニュースを3つ振り返っていきましょう。
以下が、その項目になります。

1、リップルのカウントダウン
2、ビットコインのSegwit実装が始まる
3、仮想通貨の時価総額が1700万ドルを超え、史上最高値を更新
 
 

リップルがカウントダウンを開始

 
ますリップルのカウントダウンですが、8/21日から公式Twitterで発表されました。
最近ニュースが乏しく、値動きが芳しくなかったXRPが期待を持たせる宣伝を行ったため、その期待感からリップルの価格は好転しました。
このまま勢いを維持してカウントダウンの内容発表に向かいましたが、その内容はリップル社が「Swell」というイベントの開催を宣言したというだけです。これが投資家の期待を下回り、リップルの売りに走り、0.2ドルを割り込む展開を見せました。

価格の下落が安定すると、三菱UFJ銀行が世界の銀行とのお金のやりとりに特化した電子通貨の開発をリップル社の技術を活かして行うことを発表した他、海外のファンド運用会社がリップルをファンドに組み込むことを発表したため価格が高騰しました。

より詳しい記事につきましては、以下の記事を参照ください。

rippleカウントダウンゼロまとめ、「Swell」は好材料か

下がるリップル(XRP)、どこまで下がる?

日経「三菱UFJ銀行がリップルを活用した海外送金を18年初から開始」

 

ビットコインにSegwitが実装される

 
次にビットコインのSegWitについてです。
ここ3ヶ月ほど話題になっていたビットコインのスケーリング問題が、24日にSegWitが実装されたことで落ち着きを見せています。

実際、価格は堅調に上昇しており、仮想通貨の基軸通貨としての強さを見せています。

11月にはブロックサイズを現在の1MBから2MBにするためのハードフォークが実施される予定であるが、反対の声もあるため、依然として見通しが立っていない部分もあるため、注視していくことが大切です。

より詳しい記事につきましては、以下の記事を参照ください。

ミサイルに反応せず、ビットコイン50万円超えはいつか?

スケーラビリティ問題とは

 

仮想通貨時価総額が最高値を更新

 
そして3つめは時価総額についてです。

仮想通貨の時価総額の合計が1700億ドルを超えました。8月1日時点では1000億ドルを超えていなかったことからも、仮想通貨の持つ勢いの大きさが分かります。ちなみにですが、1700億ドルという数字はだいたい日本郵政グループの上場時価格と同じくらいです。

すでに仮想通貨がバブルであるという意見も出てきていますが、他の金融資産の時価総額と比較すると、それほど大きくなっていないことが分かります。
より詳しい記事は、以下をご参照ください。

仮想通貨全体の時価総額が1500億ドル超え!!最高額更新中!!

 

以上が今週あった仮想通貨のニュースのまとめです。

毎週更新していくので、今後も見ていただけたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です