【60秒で読める】ビットコインはバブルではない!?


8月は記録的な強気市場によって、ビットコイン価格は急激に高騰し、一部にビットコインバブルが生じ、すぐにバブルが崩壊するのではないかという懸念が生じました。否定的な人々は、バブル崩壊後に価格が回復することは決して無いと主張しています。ちょうど今週、BBCのテクノロジーの特派員であるRolly Cellan-Jonesは、17世紀にオランダで生じたチューリップ価格のバブルとビットコインを比較しました。これに対して、コンピューターセキュリティのパイオニアである、John McAfee氏はそのような主張は馬鹿げていると述べました。

 

McAfee氏による農業革命と仮想通貨の比較

Business Insiderので、McAfee氏はブロックチェーンの発明を人類の農業導入と比較しています。かつて場所が移り変わっていく村の周辺で生活をしなくてはならなかった状況のなかでは、もっとも先見の明があった人々でも、農業のもたらすパラダイムシフトを理解するのは難しかっただろうと彼は言います。

ブロックチェーンが導く新しい経済、社会的なパラダイムは農業が人類にもたらした影響に匹敵するものであると信じている

これが理由になって、彼は一年以上ビットコインのマイニングを行い、さらにイーサリアムのマイニングを行う予定であるMGT Capital Investmentというサイバーセキュリティ企業に入社しました。

 

ビットコインはバブルではない!!

現在Coinbaseではビットコインは4362ドルであり、一年間で659%もの高騰をしています。McAfee氏は今後、ビットコイン価格は2020年までに50万ドルに到達すると予想しています。しかし仮想通貨の価値を現行通貨と測るのは、現行通貨が仮想通貨によって価値のないものになるため意味がないことだとも主張しています。

新しいパラダイムという観点からみると、人々がビットコインをバブルだと見なすことは予測可能でシステム化された現行通貨が明らかな価格変動を伴いながら、価値のない状態になるまで続くだろう

その結果、彼は仮想通貨のもたらすパラダイムにより、かつて少し発達した議会で行われていただろう「どうやったら村を効率的に動かせるのか」といったこと以上に、従来の金融技術は意味をなさなくなるだろうと言っています。

これを理解している人は「バブル」や「投資」といった言葉が仮想通貨に用いられているのを見て、ただちにそれが馬鹿げていると感じるのだ

ビットコインの批評家が一時的なビットコインの価格低下を「彼らの理解が正しかったことの証明」として取り上げるが、それは最終的には問題ではないとしています。
ブロックチェーンの革命は止まりません。
彼は言います。仮想通貨の革命的な可能性を理解している人は、「次の世界の指導者になる」だろうと。

original article from cryptocoinsnews

ビットコインの将来価格に関する記事は以下をご参照ください。

ビットコイン50万円に到達か。ゴールドマン・サックス「この波が終われば3000ドルを下回ることも」

こうしてビットコインは2021年までに10万ドルに到達する!?

45万円突破、ビットコインどこまで上がるか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です