ハッシュレートでビットコインの価格が予想できる

こんにちは@リップラーふくです。

 

ビットコインが昨日(8/15)50万円に到達しましたね。

現在は46万円台を推移しています。相変わらず変動が大きくてびっくり。

 

今回は、「ビットコイン買い損ねた!」という人や、「持っているけどそろそろ売ろうかな」などと考えている人に向けて、ビットコインの価値の根底にあるハッシュレートに基づいてアドバイスできればと思います。

 

ハッシュレート(採掘速度)とは

 

ハッシュレート(採掘速度)とは、マイニングをしているマシンの計算速度です。この値が大きくなればなるほど多くの計算を処理することができます。そして現在、多くのマイナー(採掘者)と呼ばれる人たちがマイニングを行い、ビットコインのブロックチェーンを動かしています。

 

つまり、ビットコインのハッシュレートが高ければ高いほど、ブロックチェーンの安定性や信頼に繋がり、ビットコインの価値の裏付けになるのです。

 

ビットコインキャッシュとハッシュレート

ビットコインがフォークされ、ビットコインキャッシュが誕生したのは皆さん記憶に新しいとは思います。ビットコインキャッシュの価格は誕生した当初と比べると大きく下落していますが、この動きはハッシュレートを見れば理解できます。

 

このグラフの上の青いチャートビットコイン赤いチャートビットコインキャッシュのハッシュレートを示しています。

8月14時点

ハッシュレート:ビットコインキャッシュビットコイン8.7%

価格:ビットコインキャッシュ3.2万、ビットコイン46万⇨6.9%

 

ピッタリとは行かないまでも、ある程度の相関性がありそう。

 

ハッシュレートと価格(coin gecko)

 

ビットコインキャッシュの価格とハッシュレートの動きはそっくり!!

 

ビットコインの適正価格

 

ここまででハッシュレートが価格に与える影響についてなんとなく感じ取ってもらえたと思います。

ここからが本題!!

 

まずは一年間の価格とハッシュレートの推移を見てみましょう。

 

 

分かること

  • 今年の4月頃まで同じような動き
  • 5月から大きく剥離
  • 暴落時もハッシュレートのところで止まった

 

⇨やはりこれだけ見ると現在の価格に疑問を持たざるを得ない。

 

ではもっと長い期間(2年間)で見てみましょう。

 

 

2年単位で見ると、ハッシュレートの伸びがかなり大きいことがわかります。

ビットコインの価格がようやくハッシュレートに見合った位置まで来たようにも見えます。

このような場合、このハッシュレートがストッパーになっており、ここからビットコインの価格は下がると予想できます。

ちなみにさらに長い期間で見ると、ハッシュレートの上昇率価格の上昇率をはるかに上回ります。

 

まとめ

ハッシュレートはその通貨の価値の裏付けになる。

特にハードフォークが起きた場合、新しく誕生した通貨の価値はハッシュレートに従う

やはりビットコインは上がりすぎているからいつ調整が入ってもおかしくない。

 

長期的に見れば、ハッシュレートが上がり続ける限り、ビットコインの価格も上がり続けます。

 

これからも定期的にハッシュレートについての記事をあげていくつもりなので、よろしければフォローお願いします。

 

関連記事

ビットコイン50万円に到達か。ゴールドマン・サックス「この波が終われば3000ドルを下回ることも」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です