BCCvsBCH! 違いは?どちらが正しい?

ビットコインキャッシュが誕生して数日が経ちましたが、その表記やロゴという初歩的な問題をめぐって前々から議論されていました。そして、今尚、一部のコミュニティを混乱させる事態となっています。

まず、ロゴについてですが、ビットコインキャッシュの公式ロゴは、元々のビットコインのロゴが右に傾いていたものを左に傾けただけというもので同様のロゴを踏襲しています。せめて、ETHとETCのように、異なる色を使って差別化をすべきと望まれています。

  

 

表記については、Bitcoin Cashの通貨コードの呼び方が人や取引所によって異なり、「BCC」で統一するか、「BCH」で統一するかは未だ議論の渦中にあります。

なぜ、このような議論が起こったかというと、既に「BCC」がBitConnectとよばれる時価総額ランキング13位に位置する仮想通貨の表記に用いられているためです。つまり、すでにBitConnectをあつかっている取引所は、BCCが重複してしまう都合上、Bitcoin Cashにたいして「BCC」を割り当てることが出来ない状況なのです。

すでにBitflyerやKrakenのようさ取引所はBitcoin Cashに対して、「BCH」を割り当てています。

BItfinexもBitcoin Cashの表記をBCHとしています。これは混乱しますね。

現在、Bitocoin Cash公式サイトではBCCを正式表記として利用しているようなので、ユーザーは正式表記をみて判断すべきでしょう。しかし、今後BCHが主流になっていけば、BCHにスイッチする可能性も十分考えられます。

Bitcoin Cashを買おうと思ったのに、BitConnectを買ってしまったということになってしまっては大変です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です