ポロニエックス、ビットコインキャッシュへの対応を発表

ビットコインのハードフォーク直前になって仮想通貨取引所のポロニエックス(Poloniex)は利用規約を変更し、

「ポロニエックスはネットワーク上のチェーン分裂によって誕生したトークンを付与するとは限らない。」


という文を規約に追加したことで、分裂が起きた場合同取引所は合法的にビットコインを保有するユーザーにビットコインキャッシュを付与しなくても良い状況にありました。

 

ハードフォーク直前に発表されたこの利用規約変更は、ポロニエックスが分裂から発生したビットコインキャッシュを自分たちで売却して利益にするのではないかという憶測を呼びました。

 

しかしポロニエックスは8月3日に声明を出し、ビットコインキャッシュやビットコインの派生系トークンへの支持を躊躇したのはネットワークオペレーションの安全性を守る目的であったことと、

分裂当時にビットコインを保有していたユーザーにビットコインキャッシュの付与を8月14日までに行うことを決断した」

と発表しました。しかし、同取引所でビットコインキャッシュの取り扱いをするかどうかはまだ未定であり、ビットコインキャッシュの引き下ろしをすぐに行うことは出来ないそうです。

大きな波紋と懸念を招いたポロニエックスの利用規約変更でしたが、多くのユーザーの声に押されてビットコインキャッシュの付与を決断した模様です。

Poloniex Website

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です