【第一弾】ICOって本当はどうなの?

このシリーズでは最近注目を集めているICOについて、実際のところどうなのかということについてまとめてみたいと思います。
まず第一弾として、現在ICOがどれだけ行われているのかということについてまとめてみたいと思います。

またICO自体については以下に詳しくまとめてあるので、ご参照ください

これだけで完璧?!【ICO】とは?まとめ

マクロで見るICO

ここではICOでどれくらいの資金が調達されたのかということを見ていきたいと思います。
早速ですが、下が2016年と2017年で一月ごとに調達された資金量です。

2016年ICO調達額

 

2017年ICO資金調達額

またICOの関する数字を比較してみると次のようになります。

件数 資金調達額
2016年 46 $96,389,917
2017年(8/3まで) 92 $1,252,676,352

ここから、件数、資金調達額ともに大きく増加していると分かります。

このことからICOの資金調達に果たす役割が大きくなっているといえます。

今後も以下のサイトを見れば分かりますが、ICOのプロジェクトが目白押しなので、この勢いはまだ止まらないと考えられます。

(Coinschedule: https://www.coinschedule.com/)

またICOが一層普及していくことで、ICOに使われる仮想通貨の価値が上がると考えられます。

具体的には以下をご参照ください。

【ネム高騰】仮想通貨で資金調達、テックビューロがICOソリューション「COMSA」を発表

 

まとめ

今回は2016年と2017年のICOの件数、調達額を比較しました。
その結果としてICOの果たす役割が大きくなっていること、またICOに使われる通貨の価値が上がっていることが分かりました。
次回はより個別にICOに、もし投資をしたら儲かっていたのかということを取り上げてみたいと思います。


最後まで読んでいただきありがとうございます。ツイッターでも皆様に有益な情報を提供していきますのでフォローお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です