【ネム高騰】仮想通貨で資金調達、テックビューロがICOソリューション「COMSA」を発表

アルトコインの一つであるネム(NEM)がやけに高騰しているなと思っていたらビックなニュースが飛び込んできました。

 

テックビューロがICOソリューションCOMSA(コムサ)を発表

 

新たな資金調達手段としてICO(仮想通貨発行による資金調達)に注目が集まっており、今年度のICOによる資金調達額は既に7億ドルを突破しています。

 

今回、テックビューロが実ビジネスへのブロックチェーン技術導入を支援するICOソリューション「COMSA(コムサ)」を10月にも始めることを発表しました。

 

COMSA(コムサ)とは

 

現時点で発表されているCOMSAのソリューションは以下の3つです。(COMSAのHPより抜粋)

 

1.ICOソリューション

ホワイトペーパー(目論見書)の整備から、ブロックチェーン導入プラン、国内外へのPR、トークンセール(売り出し)のツールまでをひとまとめに請け負うことによって、ICOの実施を完全サポートいたします。COMSAで発行するトークンは、今後COMSA COREを通してNEMとEthereumのブロックチェーン間で自由に行き来できるようになります。

 

2.トークンソリューション

発行するトークンを取り扱うためのZaif取引所や決済ツールを提供します。また、テックビューロが販売するプライベートブロックチェーン製品「mijin」によって、それらトークンを内部勘定で一括管理する環境を提供できます。更に別途、EtheremとNEMのブロックチェーンをまたいで利用可能なUSドルや日本円、Bitcoinとペッグしたトークンの発行と変換をサポートします。

 

3.ワンタイム・スマート・コントラクト

2018年には、Bitcoin、NEM、Ethereumのパブリックブロックチェーンと、mijinで構成する複数のプライベートブロックチェーンを連動させ、その間でトークンの整合性を保持できるサービスを提供します。また、ネットワークフィーを気にせず、実社会の法定通貨建ての商取引をブロックチェーン上のコントラクトとして第三者の仲介無しに執行できるようになります。

 

これらのソリューションによって、企業のブロックチェーン導入やICO参加がしやすくなります。

同社が開発したプライベートブロックチェーンであるmijinを活用して、ビットコイン、イーサリアム、ネムのブロックチェーンと連携します。

mijinはネムを用いたプライベートブロックチェーンですので、ネムが高騰している理由はこれですね。

 

第一弾はCOMSA自身のICO

 

まず最初のICOとしてCOMSA自身のICOが行われます。事前登録は既に開始しており、2017年10月2日にトークンセール開始されます。

詳しいボーナスについては上ページでご確認できます。これを機会にICOに参加してみてはいかがでしょうか。

 

既に二弾、三段のICOも確定しており、以下の2社が確定しています。

1. 株式会社プレミアムウォーターホールディングス(東証二部:2588)
2. 株式会社CAMPFIRE – 日本最大のクラウドファンディングサービス

 

上場企業がICOを行うのは今回が初のようです。

 

信用はあるのか

 

最近ニュース番組でもICOについて取り上げられることがありましたが、やはりICOにはまだまだ怪しいイメージがつきまといます。

ですが、テックビューロを中心として設立されたICO協議会委員は仮想通貨界隈の錚々たるメンバーが名を連ねています。

 

 

これは信頼できそうです。

この「ICO協議会」によってこれからのICOの在り方みたいなものが確立していくといいですね。


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。Twitter,Facebookでも皆様に有益な情報を提供していきますのでフォローお願いします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です