ビットコインついにハードフォーク!(8/1)価格の動きに注目!

Bitcoin Hard fork

8月1日ビットコイン(Bitcoin)のブロックチェーンからビットコインキャッシュ(BitcoinCash)がハードフォーク。8月2日現在、順調に推移しています。
 

ハードフォーク!その時相場はどうなった?

分岐の瞬間、ビットコインが
”もしかしたらの大暴落するかも” と予測して、かなり安値に「買い指値」を入れておいた人も多かったと思います。
そうはいっても何が起きるか分からない前代未聞の事象に世界中の仮想通貨ユーザーが注目した1日となりました。

BitTradeビットコイン円現物:5分足チャート(21:26)


BTC/JPYは21:20ごろから下落し始め「21:26」にスコーン!と急落。値が飛んで窓が開き、最安値:285787円を示現。ただし、これは5分足という短期足チャートのため、それほど大暴落したわけではありません。

BitTradeビットコイン円現物:5分足チャート(21:31)


わずか5分後「21:31」ビットコイン価格はすぐ戻り、304550円に上昇。その後、
多少の上下動があったものの、安く買い増しすることも出来ず「え、これで終わり?」という感じでした。

BitTradeビットコイン円現物:1時間足チャート(21:31)


現在価格:BTC/JPY=300000円
ハードフォークが確認された翌日、8月2日(15:27)現在のビットコイン円の価格推移です。
急落時も28万円台で止まり、その後はハードフォーク以前の価格帯(30~31万円)に収まっています。

この数時間を見る限り、ビットコイン市場はそれほど混乱もなくイベントが終了したという印象です。

取引所はBTCの入出金を再開

ビットコインとビットコインキャッシュの分岐が無事確認されたことで、ビットコインの入出金を一時的に停止していた各取引所も停止解除を発表しています。

また、ビットコインを保有していると貰える「ビットコインキャッシュ」については、すでにBTCBOX,karakenが上場し取引可能となっているほか、
各取引所の判断で、保有者に対し付与に関するスケジュールがアナウンスされると思います。

詳しくは各取引所または下記JCBAのお知らせを参考にしてください。
ビットコイン受け入れ及び払出しの再開に関するお知らせ (8月1日に予期されるビットコイン分岐危機に向けた対応について(その4))

ビットコインキャッシュの動向に注目

生まれて間もない仮想通貨:ビットコインキャッシュですが、すでに値段が付き一部取引所では売買が行われているため、一時最高値:88000円を付けています(BTCBOX)
そして時価総額ランキングでは、一時的にリップルを抜き第3位にランクインしています。


今後、ビットコインキャッシュの実力が判明してくると思いますが、先行してこれだけ評価が高いとなると、投資対象になっていく可能性は十分あります。
どこの取引所で出来るのか?付与されたビットコインキャッシュはどう扱ったらいいのか?
引き続き、注目していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です