ビットコインキャッシュ支持者はBTCを保有し続ける!!BTCはフォークを無視?

今のところ、ビットコインの分裂後の経緯は以外にも穏やかな状況であります。ビットコインの価格は何度か変動し、その後半分は回復したものの、今朝では10%ほどの下落を記録しました。

本日、Kraken社がビットコイン保有者にビットコインキャッシュを付与することを約束し、同時にビットコインキャッシュを取引通貨ペアに採用しました。ビットコインキャッシュの価格は約0.07BTCまたは190ドル付近で比較的安定しています。一方、ビットコインは2,750ドル付近の値を付けています。

ビットコインキャッシュの導入は市場の激しい変動をもたらすと想定されていましたが、どうやらそれはまだ起きていないようです。

トレーダーが取引所から資金の多くを引き出したことで通常よりも高い変動があった中、「フラッシュ・クラッシュ」やその他の異常事態はまだ発生していません。
同様に、ビットコインキャッシュの価値をあげるためにビットコインキャッシュの支持者が多くのビットコインをショートする事態を懸念する人もいますが、現段階では、まだそれは起きていません。

Roger Ver氏の主張では

130,000BTCを保有しているというRoger Ver氏によれば、彼は自分の資産をビットコインキャッシュの成功に賭けるといいます。

ビットコインキャッシュが最低でも6つのブロックを採掘しない限りは今回の分裂は完了しません。実現の難しさと低いハッシュパワー(ビットコインのたった2%のハッシュパワー)によっては、最低限のブロック数を採掘するまでに何時間もかかるかもしれません。

ビットコインキャッシュの取引ペアを導入するか、ビットコインキャッシュの預金と引出を可能にするまでに多くの取引所がより多くのブロックが発見されることを期待しています。

結果的に、ビットコインキャッシュの配布対象は分裂の直前までビットコインを保有していた人に限られています。取引所がビットコインキャッシュの預金を可能にすれば、過剰供給によってその価値は著しく低下することが予想されます。

 


 
最後まで読んでいただきありがとうございます。Twitter,Facebookでも皆様に有益な情報を提供していきますのでフォローお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です