【60秒ニュース】ビットコインキャッシュはただじゃない

ビットコインキャッシュ(BCC)のハードフォークが発表されてから、多くの人がこの新しい通貨を「ただで貰えるお金」だと考えています。確かにBCCはビットコインを保有しているユーザーに無償で配給されますが、イーサリアムクラシックがイーサリアムの価値を奪ったようにBCCがビットコインの価値に悪影響を及ぼす可能性があるため、BCCは決して「ただ」ではないのです

 

では、BCCはどのようにしてビットコインの価値に影響をもたらすのでしょうか?大いに有り得ることとして、ビットコインの価値からBCCの価値が差し引かれる可能性があります。例えば分裂が起きたときに、BCCが400ドルでビットコインが2800ドルだとしたら、その日にビットコインの価格が2400ドルに下落する可能性があります。つまり、2つの競争する通貨がビットコインネットワークの価値、および時価総額を2つのブロックチェーンに分散させてしまうのです。これはBCCが「ただでもらえるお金」では無く、価値の移行を起こしているだけです。よって、8月1日直近の数日は双方の価格が大きく乱れるとみられます。

 

仮想通貨マーケットを予測するのは不可能に近いのでBCCがビットコインの価格を上げるのか下げるのかは憶測の域を超えませんが、BCCの価値はどこかしらから来なければならず、一番ロジカルな来元がビットコインなのは皆が賛同するでしょう。BCCがきちんと存続し続ければ、ビットコインの価値にネガティブなダメージを与える可能性は大いにあります。こういったことから、BCCは決して「ただ」で支給される通貨ではないのです。

Original Article from The Merkle

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です