【やってみたシリーズ3】ビットコインをライトコインに交換してみた編

こんにちは。
今回のやってみたシリーズでは、リップルに引き続きライトコインを買ってみました!
なお、ビットトレード(BitTrade)では日本円からライトコインは入手できないのでビットコインとの交換で取引を行っています。

ログインの仕方や取引画面の見方などはやってみたシリーズ1を参照してください。

取引画面からライトコインを選択

ログインして入ったトップ画面にはビットコイン(BTC/JPY)が表示されているので、
画面上部のBTC/JPYをクリックして通貨選択画面に飛び、ライトコイン(LTC/BTC)をクリック!

すると、取引ページのトップに飛ぶので注文をクリックし、
ビットコインの取引同様「指値価格」と「数量」を入力し「買」をクリック!

注文内容を確認し、「実行」をクリックすると発注完了の画面が表示されます。


注文完了後しばらくしてから取引履歴画面を見てみると、注文の一部が約定していました。


このように、買い手の判断によっては注文数量の全てが成立するわけではないこともあります。。
(ステータスの「一部約定」が目印です)

その後もう少し時間を置くと新しい買い手によって約定され、全ての取引が終了しました。

これでようやくライトコインを手に入れることが出来ました。
つい最近ライトコイン対応ATMが世界規模で広がるなど、成長性が見込める通貨として期待されているので
是非買ってみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。ツイッターでも有益な情報を発信していきますので、よろしかったらフォローをお願いします。

仮想通貨取引はBittrade

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です