この秋からアメリカでビットコインのオプション取引が可能に!

米商品先物取引委員会(CFTC)が仮想通貨取引のプラットフォームを運営しているLedgerX社を仮想通貨の金融派生商品の取引と決済を行う機関として正式に認定。

 

この承認によって、LedgerX社はアメリカで初の仮想通貨のオプションを取り扱う公認取引所となります。

 

LedgerX社CEOのポール・チョウ氏は「9月下旬から10月上旬にかけて1から6ヶ月物のビットコイン対ドルのオプションを提供する」

とインタビューで話しています。また”イーサリアムの通貨であるイーサを含む他の仮想通貨のコントラクトも後に始める予定”だそうです。

 

CFTCは今月のはじめにLedgerX社の仮想通貨取引を認可しており、同社は機関投資家を対象とした仮想通貨の価格変動に対するリスクヘッジを提供することを目標としています。

 

チョウ氏は、「ヘッジをしたい人や、ポートフォリオに追加して分散投資するための新しい資産クラスにアクセスしたい人など、仮想通貨の将来的な可能性の恩恵を受けたい人たちがいます。」と話し、「最初は一定のサイズから初めて、その後数カ月かけて徐々にスケールアップしていきたい。」と今後の予定を表明しました。

 

これは仮想通貨業界にとってより幅広いユーザー層と投資ベースの獲得に向けた新たなステップになりそうです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です