ビットコインキャッシュ、まだ実在しないのに取引システムが確立される


みなさん、ビットコインが8月1日にハードフォーク(UAHF)することを忘れていませんか?
このハードフォークによってビットコインキャッシュが誕生します。ビットコインキャッシュはもうすでに比較的新しい取引所、ViaBTC上で取引することができBCC/BTCマーケットも存在しています。ビットコインキャッシュがまだ実際に存在していないことを考えるとこの現状はとても興味深いです。

以下の文章はNEWSBTCに掲載された記事を翻訳したものです。

 

ビットコインをビットコインキャッシュに換えるのは無意味?

 

ViaBTCが現時点ですでにビットコインキャッシュの取り扱いを表明しているのには驚きです。ViaBTCはビットコインと人民元の取引サービスを開始することを発表していて、ユーザーはビットコインを預金してプラットフォーム上に凍結させることでビットコインキャッシュを保有する事ができ、8月1日には預金していたビットコインが返却されます

 

更に興味深いのはViaBTCがBCC/BTC(ビットコインキャッシュ/ビットコイン)の取引市場を開設したところにあります。しかし、現時点でこの市場に対するユーザーの関心は低く、最新の価格情報では1ビットコインキャッシュが0.145ビットコインという高値がついているものの、この価値も徐々に下落するものと見られます。ビットコインキャッシュの未来は時間のみが教えてくれることになるでしょう。

 

実際の仮想通貨が作られる前に取引対象としたViaBTCの決断はギャンブルのようなアプローチであるのは確かです。ビットコインキャッシュを保有したいユーザーがViaBTCにビットコインを預金する必要はなく、誰でもビットコインウォレットのバックアップを8月1日にUAHFに対応しているウォレットにエクスポートすることが可能です。ViaBTCがビットコインキャッシュの波を利用しようとしていることが伺えますが、この新しい仮想通貨の競争性にはいささか疑問が残ります。

 

この記事はビットコインキャッシュに対して比較的悲観的な意見を提示していますが、同じく分裂を経験したイーサリアムクラシックのようにビットコインキャッシュは可能性を秘めており、将来的な価値は市場次第なのでこれから投資者やユーザー達からの需要に注目して行く必要があると思われます。

 

引用元:http://www.newsbtc.com/2017/07/23/viabtcs-btc-market-bitcoin-cash-fails-gain-traction-far/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です