【リップル】投資者のXRPへの関心上昇、販売量が3倍に増加

 

リップル社の最新報告によると、投資家達のリップル(XRP)への関心が高まっている傾向にあるようで、リップルの登録ライセンスを保有する子会社は、2017年度の第一四半期の3倍にも及ぶ3100万ドル相当のXRPを第二四半期に販売した模様です。

 

報告によると、この販売量のうち2100万ドルを購入したのは法人で、残りはオフレジャー及びオンレジャー取引所にて販売されたそうです。

 

これに加えて、同時期に法定紙幣を使ったXRPの購入数も増加しており、一般利用者が増えていていることを表しています。

 

第一四半期ではリップルの取引所での取引率の85%にビットコインが使われていましたが、これが6月末には63%まで減少していました。

 

残念なことに現時点でXRPの取引価格は0.17ドルで、5月17日の市場最高価格の0.40ドルからは落ちている模様です。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です