金融界のエキスパート達がビットコインを購入

 

金融界の著名人達がビットコイン購入で、仮想通貨の未来への期待と信頼を表明

 

ビットコインが金融業界のビッグプレイヤー達の関心を集める

 

伝説的な投資家、ビル・ミラー氏(Bill Miller)ビットコインが彼の1億2000万ドルにも及ぶヘッジファンドの重要なホールディングスの一つであると話し、2014年には仮想通貨のポテンシャルが金融業界にもたらす影響の方がリスクを上回ると判断して純資産の1%を仮想通貨に投入したことを明らかにしました。は2014年といえばビットコインが1,023ドルから287ドルに下落した年で、現在は2310ドルにまで上がっています。

 

Ritholtz Wealth Management社のCEOであるジョッシュ・ブラウン氏(Josh Brown)は、もし開発者達の対立を解決してスケーラビリティ問題を切り抜けられたら、ビットコインは主流になるだろうと予想しています。逆にビットコインのシステムアップデートに問題が生じれば、ビットコインは必然的に大きなダメージを被るだろうと話しました。

彼は、

「個人的に仮想通貨のついて流れるニュースなどに対して完全に信用しているわけではないが、私が現在個人的に必要性を見いだせないからと言って将来それが他の人によって間違っていると証明されることが無いとは限らない。」

と主張し、将来を見越してビットコインを購入したことを発表した。

彼らの他にも多数の金融業界の著名人たちがビットコインの可能性に期待と自信を見せており、これがビットコインの境界を押し広げています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です