ビットコインの基礎知識②ビットコインはどうやって生まれたの?

なぞの人物「ナカモト・サトシ」

ビットコインの誕生は2008年、ナカモト・サトシ名義の論文がWEB上で公開されました。
(英文表記:Satoshi Nakamoto)
このナカモト・サトシという人物が日本人なのか?そもそも実在する人物なのか?


出典:bitcoin.org

ナカモトサトシ名義の論文はbitkoin.orgで公開中。原文を読むことが出来ます。
題名:「Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System」
bitcoin.pdfBitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System
この論文が発表され、内容に賛同した世界中のエンジニアが自発的に開発に加わり生み出されたのがビットコインです。

 

ナカモト・サトシは実在するの?

Who is Satoshi Nakamoto?
coindesk
↑「ナカモト・サトシ」という人物について世界中でさまざまな憶測が流れていますが、未だなぞのまま。
しかしビットコインは中央権力を持たず、ネットワークはすべて公開されています。

誰が開発者なのか?ににかかわらずビットコインのシステムは正常稼動し続けます。
たとえ今後ナカモト・サトシ氏が名乗り出たとしても、ビットコインをコントロールすることは不可能。

ナカモト・サトシ氏を特定する可能性は、彼が採掘したビットコイン約100万BTC(1300億円相当)の動向によるといわれています。

なぞの人物ナカモト・サトシ氏。
しかしその功績はとても大きく、ビットコインの最小単位にはナカモト・サトシ氏の名前が刻まれています。
1satoshi=0.000000001BTC

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です