7月20日から21日にかけて価格高騰!【ビットコイン】

たった24時間のタイムフレーム内でビットコインの価格は驚異の20%の上昇率をみせました。

CoinGecko参照

原因究明

なぜ急騰したのでしょうか?
要因を上げていこうと思います。

① カナダでビットコインとイーサリアムをETFで買えるというニュース

② Segwitのアクティベート→8月1日の分裂回避

あたりではないかと考えられます。
①に関して詳しくはこちらを御覧ください!(英語記事)→bitcoin.com
②が最も大きな要因と考えられていますので掘り下げて行きましょう。

BIP91ロックイン

本日7/21、9時頃にBIP91がロックイン期間に入り、順調に行けば23日(日)19時前後に実際のプログラムが動く予定です。

 

需要の拡大

 

2016年中旬頃からビットコインコミュニティやユーザーはスケーラビリティ問題を解決して、ブロックを能率的に活用することでビットコインの手数料を削減することを望んできました。

SegWit2xを通してSegWitのアクティベートが現実化した今、ビットコインの取引手数料が下がることが見込めます。このままSegWitのアクティベーションが成功すれば75%のブロックの大幅な能率化に繋がることから取引手数料の減額が予想され、SegWitとビットコインのスケーラビリティ問題に対する期待と需要の拡大が一週間のうちに価格を262596円から316687円に押し上げたと見られます。

 

21日以降の見通し

 

今回の急騰に対しての少なからず反発は見られるでしょうが、結果的には更に上昇するのではないでしょうか。
ですが、8/1にビットコインキャッシュの発表もあったように、一筋縄では行かないかもしれません。

【Bitcoin Cash】2017年8月1日、ビットコインに新しい命を吹き込む

7月終わりまで一週間と少しありますがこまめに情報をチェックしていきましょう。ツイッターも随時更新していますので、フォローして参考にしてみてください!
最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です