やさしいビットコイン投資の始め方②ビットコインはどこで買うの?

これまでビットコインの存在を知らなかった人でも簡単に始められる「ビットコインの投資方法」について解説します。

ビットコインの購入方法

まずはビットコインを手に入れるところから。
一番簡単な方法は、日本国内(金融庁)に登録している取引業者からビットコインを購入すること。(2017年4月1日よりビットコイン取引業は金融庁の登録が必要となりました。現在は各社登録申請中)
ビットコインは仮想通貨なので基本的にはインターネット上で購入・売却等の管理を行います。

【まとめ】
国内で認可(または申請中)のビットコイン取引業者でビットコインを買う

ビットコインアドレスって?

ビットコインの売買を行うには自分専用のアドレスが必要です。アドレスは銀行や証券口座のようなもの。これを持つにはまずビットコインウォレットを作らなければなりません。

ウォレットは色々な種類がありますが、一番簡単にウォレットを手にする方法が「ビットコイン取引業者に口座を持つ事」口座を開くと自動的に専用ビットコインアドレスがもらえます。口座を開くだけなら手数料は無料。たとえ取引しなくても送金先に指定するなど活用方法があります。

【まとめ】
ビットコイン取引業者に口座を開くと自動的にビットコインアドレスがもらえる

ビットコイン取引業者とは

ビットコインを売買することが出来る会社。ビットコイン取引業者では法定通貨(主に日本円)でビットコインを買ったり、保有しているビットコインを売って日本円に換えることが出来ます。ビットコインの取引はユーザー同士のオーダーにより値付けされ、取引所はその売買手数料が利益となります。

ビットコインの売買方法

ビットコイン取引業者によってはビットコインを購入する場所が2つある便利なところがあります。

①ビットコイン販売所(または交換所)
②ビットコイン取引所

ビットコイン販売所と取引所の違い

①ビットコイン販売所(または交換所)
「ビットコイン販売所」は価格が安定し、かんたん・確実にビットコインを購入・売却したい人におすすめ。また「手間を省いて価格にこだわらずたくさん買いたい」という人も利用しています。

◎購入・売却の相手→ビットコイン取引業者

【販売所のメリット】すぐに購入・売却できる(流動性は関係なし)
【販売所のデメリッ】取引所よりもレートがよくない
②ビットコイン取引所
「ビットコイン取引所」は売り手や買い手がいる取引なので、気配値(板情報)を見て売買します。
◎購入・売却の相手→基本的には顧客同士の取引(ビットコイン取引業者は売りと買いのオーダーをマッチングするだけ)

【取引所のメリット】販売所よりも交換レートが有利
【取引所のデメリット】すぐに約定できないことがある(流動性による)

販売所と取引所どっちがいいの?

ビットコインの交換レートだけで見たら「販売所」よりも「取引所」のほうが便利です。しかし”すぐに大口枚数が売却できない。” というデメリットもあります。

【まとめ】
TPOに合わせて販売所と取引所を使い分けよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です