ストックピッカーが将来ビットコイン価格が5万ドルに到達すると予想!!

今回はビットコインの将来性が有望であるという投資家の皆さんにとって楽しみなニュースを届けたいと思います。
 

ストックピッカーとは?

 
そもそも、ストックピッカーという言葉をご存知でしょうか?ストックピッカーとは、自分で考えた投資の基準に基いて成長性のあるものを買う株式投資家です。
その内の一人である、過去13年間彼のワンマンショーであるスタンドポイント・リサーチで900以上の株式推奨を行ってきたロニー・モアス氏がついに仮想通貨業界に進出しました。
 

ロニー・モアス氏の見解

 
モアス氏は、来年にはビットコイン価格が2倍の5,000ドルに上昇し、10年後には25,000ドルから50,000ドルまで上がるとの予想を水曜日に顧客向けに発表しました。また、彼は「少量の」ライトコイン、ビットコインとイーサリアムをCoinbase.comから購入したことも公表しました。
 
今までビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨分野に参入していなかった株式投資家が長期的な利益を見込んでいる熱心なビットコイン愛好家たちと肩を並べて、この分野の研究や投資を開始したのはブロックチェーン資産を巡る注目度の高さを表しています。

「世の中には21,000,000ビットコインしか流通しない。通貨や他の投資方法への信用喪失に伴い、人々はこの2100万ビットコインを奪い合い始めるでしょう。」

とモアス氏は言います。彼は、「現金、債券、株と金の総額の1%が仮想通貨に分配されることを信じて疑わない」と述べました。
 
今年に入ってビットコイン導入数の拡大、投資者のブロックチェーン技術へのサポート増加とイーサリアムがテクノロジー系スタートアップの資金集め用に人気がでてから、価格が2倍以上の3,000ドルにまで上昇しました。今日ビットコインの価格は仮想通貨が短期間でより幅広い支持を得ることが出来ないと危惧されて、6月12日の高値から一転、2,544.40ドルまで下がりました。
 
モアス氏は「少しだけ短期面でのバブルを心配している」ものの、長期的に見たら今後、3桁に及ぶ利益が出るだろうと予測しています。
 
彼はTrezor.io等のサービスを通して仮想通貨を安全に保管することが重要だとし、その上で顧客に彼の予想は情報提供に過ぎず、投資の助言ではないと指摘しました。

 
 
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。ツイッターでも有益な情報を発信していきますので、よろしかったらフォローをお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です