わかりやすく解説【ビットコイン】まとめ

ビットコインとは

正体不明のサトシ・ナカモトという人物によって作られたブロックチェーン技術を採用した最初の仮想通貨であり、仮想通貨の王様と呼ばれるほど人気がある通貨です。

 

ビットコインの特徴

ビットコインの仮想通貨の王様という立場ゆえにビットコインは他の仮想通貨と比べられることが多いので、ここではビットコインと法定通貨の違いを表で見ていきたいと思います!ちなみに法定通貨をFlat Currency、仮想通貨をCrypto currencyと呼びます。

 

はいではこれらをクローズアップしていこうと思います!

まず、法定通貨はそれぞれの国おもにその中央銀行によって管理されていて発行枚数はそれらの機関によって決められています。
一方でビットコインは発行者がいません、というのもビットコインはマイナー達が承認を行いそれに対する報酬として発生するものだからです。また、ビットコインには発行枚数上限があります。

 

発行者がいないということはデメリットでもあります。普通の法定通貨であればその発行主体の信用度合い、財政政策等によってその通貨の実質的な価値が決まります。しかし、ビットコインは発行主体が流通量を操作するということがないので完全に需要と供給よって価格が決定します。

 

また、法定通貨とビットコインのもう1つの差別化ポイントは送金手数料の違いです!
ビットコインは世界のどこにいる人に対してでも銀行を経由するのに比べてかなり安い値段で送金を行えます。なので、出稼ぎに来る人などが自らの国にお金を送る場合には無駄なお金を抑えられるといえます。

最後に問題点として使える場所が限定されることがあります。法定通貨は当たり前ですが発行している国の中であれば間違いなく使うことができます。しかし、ビットコインは使える場所が増えては来ているもののまだまだ法定通貨には遠く及びません。もしビットコインを筆頭とした仮想通貨が世界の主要な場所ででも使えるようになったら状況はまた変わってくるのではないでしょうか。

また、法律でも以下のことが定められ仮想通貨を使う体制づくりも進んでいってます。

【法改正】
2016年2月に金融庁が仮想通貨についての法案を提示し、改正資金決済法として2017年4月1日に施行。
ビットコインは事実上、法定通貨(日本円や米ドルなど)と同様に「通貨」として使えるようになりました。

 

 

まとめると

①発行者がいない

②価格が需要と供給で決定

③手数料削減につながる

④使用場所が限られてる 

 

 


最後まで読んでいただきありがとうございます。Twitter,Facebookでも皆様に有益な情報を提供していきますのでフォローお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です