3分で分かる【モナコインの歴史】

モナコインの歴史

モナコインは、仮想通貨の中でも日本初のコインとして知られていますが、
今回はモナコインのこれまでの主要イベントと、その時の価格推移について取り上げたいと思います。

2013~2014年

⇒2013年12月23日 ワタナベ氏が公開
⇒2014年1月1日 全体にリリース

リリース当時の価格はおよそ2.5円でした。

⇒2014年7月7日 ワールドビジネスサテライトで掲載
⇒2014年7月9日 ホリエモン参戦

上記2つの大ニュースがきっかけで、モナコインの価格は高騰しましたが、
この高騰は一時的なものに過ぎず元の価格に戻りました。

2015~2016年

⇒2015年3月4日 Zaif上場

国内の大手取引所の中でも、Zaifが初めてモナコインを導入。
3月5日に再び高騰しましたが、翌日には下落してしまいました。

2017年以降

⇒4月16日 Segwitの承認可決

モナコインのSegwitが承認されたことにより、価格も上昇傾向になりました。
(もっとも、Segwitの承認前からマイナー達の期待もあり上昇はしていたのですが、、)

Segwitとは

直近の価格推移は仮想通貨全体の動きに流されているように思われます。
スケーラビリティ問題にいち早く対応する形になったモナコインが今後どういう動きを見せるのか期待を寄せていきたいです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
ツイッターでも皆様に有益な情報を提供していきますのでフォローお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です