これだけ読めばいい!【モナコイン】まとめ

1.モナコインとは?

 

モナコインとは、2013年12月末に日本の某掲示板「○ちゃんねる」で生まれ、翌年すぐに正式リリースされた日本初の仮想通貨です。
開発者はワタナベ氏という人で、ビットコインの創始者であるナカモト氏以来の日本人です。

「モナーコイン」の画像検索結果

↑見ていると愛着が湧いてきませんか?

◎画像参照元➡ウィキベテア(Monacoin)

◎モナコイン公式サイト➡MONA COIN

基本情報

 

公開日 2013年12月23日
通貨単位 MONA
システム Proof of Work
アルゴリズム Lyra2REv2
コイン発行上限 105,120,000MONA
ブロック生成間隔 90秒程度
ブロック半減期 3年

 

2.モナコインの特徴

 

ビットコインとの違い

モナコインはライトコインをベースに作られているため、ライトコインと似たものになっています。

これだけ読めばいい!【ライトコインとは?】まとめ

 

違いとしては、

  • ビットコインの発行数が2100万枚であるのに対し、モナーコインは1億512枚と、非常に多い
  • 「投げ銭」や「チップ」のような使い方を想定していた

くらいで特別大きな違いはありません。

 

3.今後の動向

 

ライトコインの記事でも取り上げられていますが、
これだけ読めばいい!【ライトコインとは?】まとめ

モナコインもスケーラビリティ問題の解決策として挙げられているSegwitが実装化されました。
Segwitとは

ビットコインの弱点を補っていることもあり、今後の発展に期待出来ると考えております!

最後まで読んでいただきありがとうございます。ツイッターでも皆様に有益な情報を提供していきますのでフォローお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です