7/1から仮想通貨に消費税が非課税に!ビットコインの価値が下がるの?!【リップラー福】

こんにちは!リップラー福です。

 

明日(7月1日)から仮想通貨の消費税が非課税になります。

そもそも消費税がかかっていることを知らなかった人も多いとは思いますが、現在仮想通貨は「モノ」という位置づけであったため、その売買には消費税がかっていました。つまり円をビットコインに変えて、そのビットコインで買い物をすると二重で消費税を取られてしまうわけです。

そういったところを改善するのが今回の内容です。

 


H29税制改正の大綱では、資金決済法上の仮想通貨について消費税を非課税とする改正が盛り込まれました。

(国税)

  1. (2) 仮想通貨に係る課税関係の見直し
    1. 資金決済に関する法律に規定する仮想通貨の譲渡について、消費税を非課税とする。
    2. ② その他所要の措置を講ずる。
    1. (注 1)上記の改正は、平成 29 年 7 月 1 日以後に国内において事業者が行う資産の譲渡等及び課税仕入れについて適用する。
    2. (注 2)上記の改正前に譲り受けた仮想通貨について、個別対応方式により仕入控除税額を計算する場合の仕入区分は、「課税資産の譲渡等にのみ要する課税仕入れ」に該当するものとする。
    3. (注 3)事業者が、平成 29 年 6 月 30 日に 100 万円(税抜き)以上の仮想通貨(国内において譲り受けたものに限る。)を保有する場合において、同日の仮想通貨の保有数量が平成 29 年 6 月 1 日から平成 29 年 6 月 30 日までの間の各日の仮想通貨の保有数量の平均保有数量に対して増加したときは、その増加した部分の課税仕入れに係る消費税につき、仕入税額控除制度の適用を認めないこととする。

引用元:国税庁http://www.mof.go.jp/tax_policy/tax_reform/outline/fy2017/20161222taikou.pdf(PDF: 700KB)


 

ではどのくらい価格が変化するのか

仮想通貨取引事業には、交換所(事業者が価格を設定して、事業者と取引を行う)と取引所(チャートなどを見ながら個人間で売買)があります。勘違いしやすいので注意しながらお読みください。

 

BitFlyerでの現在の交換所の販売価格は、

購入⇨290,529円

売却⇨283,555円

ですがここから消費税を除くと、

課税 非課税
購入 290,529 277,341
売却 283,555 262,550

約1万円ほど安く売買されるようになる、、、

 

ということにはならないでしょう。

 

なぜかというと、海外の取引所との販売価格やレートに合わせようとするはずだからです。

 

実際に下がるのは、せいぜい3,000円程度でしょう。

日本の取引所は海外の取引所より約3,000円ほど高く取引されているというのが根拠です。

 

ですので資産価値が消費税分の8%減るんじゃないかと心配されている方もいるかもしれませんが、おそらく心配ないでしょう。

 

ここである疑問が、、

 

おいおい、取引で8%も消費税取られてたら為替なんてやってられないだろ、、、

取引所のビジネスモデルが気になります。

 

例えば、Coincheckは海外の取引所であるPoloniexから仮想通貨を調達しているようですが、そこに消費税がかかってくるとなると、、、

1BTCを30万円で調達したとして、そのまま売るだけだと消費税分を国に取られてマイナスになってしまいます。実際に、CoincheckはPoloniexの販売価格より5%くらい高い値段でビットコインを販売しています。ですがそれでもマイナスですね。

 

では投資家がビットコインを円に交換した場合、消費税は誰が収めるのでしょうか。

 

ちなみに、車の下取りや買取り時には消費税は控除されるようです。これが仮想通貨にも適用されるなら売りの方は消費税は考えなくてよさそうです。

 

取引所はビットコインの販売でも儲けがない?

これまでの流れをまとめると、取引所はビットコインの販売で利益を出せないという結論になっしまいます。
ではどうやって利益を出しているのか

やはり、先物や信用取引の利益が大きいと考えられます。

そしてもう一つ、アルトコインの販売

みなさんもリップルやイーサリアムが急騰しているとき、スプレッドのせいで手が出せないという経験があるでしょう。

(⇨リップルを指値で買いたければBitTrade

 

日本の仮想通貨取引業者のアルトコインのスプレッドは広すぎるので間違いなくその利益は大きいと思います。また、ある程度取引所でビットコインやアルトコインが貯まってきたら、

仮想通貨で仮想通貨を調達すればいいのです。

 

そうすれば消費税はかからないですよね。

 

これらの真偽は不明なので参考程度でお願いします。

今後問い合わせてみようかなと考えています。

 

 

今日のまとめ

仮想通貨

ただし、日にちが変わる前後で相場に大きな動きがあるかもしれないということは考慮しておかなければならないでしょう。やはり少額とはいえ消費税がなくなれば価格は下るため、そこを狙ってくる投資家は多いでしょう。

 

今日の夜の相場には要注意です。

 

BitFlyerは今回の税制改正について報告しています。

仮想通貨に係る消費税の税金関係について

 


最後まで読んでいただきありがとうございます。ツイッターでも皆様に有益な情報を提供していきますのでフォローお願いします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です