広がる仮想通貨での決済、ついにイーサリアムでの決済も

決済サービスを手がけるNIPPON PAY(ニッポンペイ、東京都中央区)が展開するマルチ決済サービスを導入する企業が続々と誕生している   ⇨<NIPPON PAYマルチ決済サービス> NIPPON PAYとリミックスポイントを親会社に持つ ビットポイントジャパンが業務提携>

 


 

最近、ビットコインで決済できる場所が増えてきました。東京オリンピックに向けて様々な企業がビットコイン決済の導入を進めています。上の記事によると、8月からイーサリアムを使って支払いができる飲食店や店舗が日本で初めて登場するようです。

ニッポンペイは、中国で大きなシェアを持つ決済サービス「ウィーチャットペイ」と「アリペイ」に一台の端末で対応できる決済サービスを提供しており、近年増加している訪日中国人を誘致をしたい商業施設・店舗などに採用を呼びかけています。

 

 

現金以外での決済の場合、店舗側の負担(手数料など)が大きく、導入するにはハードルがあります。

しかし、FinTechの普及により決済手数料は近年格段に安くなっています。

さらに仮想通貨における決済は、より低コストであるため、仮想通貨が流通することは多くの店舗にとってメリットがあると思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です