ビットコインの送付方法と所要時間

ビットコインの送り方

ビットコインをウォレットやBTC業者に送る方法を説明します。
ビットコインの送付は銀行を介す必要がないため、取引手数料や日数がかかりません。誰でも簡単に指定のビットコインアドレスへダイレクトで送ることができます。手数料はビットコインネットワークへ支払われるトランザクション(承認作業)にかかるわずかな費用だけなので、決済としての役割も大きくなっています。

今回は【bitFlyer】ビットフライヤーから【coincheck】コインチェックへ実際に送付してみました。

bitFlyerからの送付方法

①bitFlyerにログイン
②「入出金」を選択→「BTCご送付」
③外部アドレスを選択
・外部アドレスはあらかじめ入力し、追加しておいてください
・ラベル名は自分がわかりやすいものを設定できます。(今回はcoincheckを採用)
④coincheckを選択(私のコインチェックの受け入れ先アドレスです)
⑤送付する数量(BTC)を入力→今回は0.529BTCを送金します。

【優先度について】
送金の際にビットコインネットワークへの報酬を上乗せしておくと、送金時間が短縮されます。
<優先度>
普通  +0.0000
やや高い+0.0001
高い  +0.0002
最高  +0.0005
それほど急な送金でない場合はコストをかけず「普通」でいいと思いますが、最高速度でもコストは90円くらい。

⑥ビットコインを外部アドレスに送付する(取消不可)を押す
送金完了、送金時刻【8:29】これが何分でcoincheck側へ届くでしょうか?(優先度:普通)
その前に「?」のブロックマークをチェック

ここを見ると、今送金したビットコインのトランザクションが見えるしくみ、宅配便の配達状況を見るサイトのような感じです。

coincheckに到着!


取引履歴を見ると、bitFlyerから送金された時刻は【8:29】coincheck側で入金確認できたのが【8:31】所要時間3分ですが、トランザクションIDを見ると3つ工程がすべて完了するまでもう少し時間がかかっています。

coincheckウォレットの総資産の一番下「最新のアクティビティ」の欄を見ると
2017/05/05 08:49 BTC 入金 + 0.529 BTC
とあるので、入金が完了したのはこの時刻かもしれません。所要時間20分
(どちらにしても銀行より早いし、土日祝日何時でも送金可能です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です