3分で分かる【イーサリアムの歴史】

イーサリアムの歴史

 

イーサリアムの歴史はビットコインと比べると浅いですが、数々の事件を経て、価格は上げ下げを激しく繰り返し、波乱に満ちています。しかし、イーサリアムのこれまでについて聞かれて、答えられる人はなかなかいません。この記事をよんで、ぜひとも今後のイーサリアムの動向の判断に役立ててくだされば幸いです。

2009年~2015年7月 構想からリリースまで

 

2009年 イーサリアムの生みの親であるヴィタリック・ブテリン氏がビットコインを知る
2013年後半 ヴィタリック・ブテリン氏がビットコインのリサーチの後、イーサリアムの開発を構想
2014年9月 ETHの先行販売を開始 1ETH=0.0005BTC
2015年7月 イーサリアムリリース 1ETH=0.008BTC=300円

2015年末~2016年3月 イーサリアムが注目を集め始める

 

2015年11月 イーサリアムのデベロッパーカンファレンス、DEVCON1にてマイクロソフトがイーサリアム基盤のブロックチェーン・ツールの導入を発表。注目を集める。
2016年1月 1ETH=115円
2016年3月 イーサリアムの新バージョン、ホームステッドがリリース。大きなハードルであった安定版のリリースをもって、参入を考えていた多くのデベロッパーや企業が、イーサリアムをつかったアプリケーションの開発に入ってくることが予測されました。そのため、価格が2月から3月にかけて、一気に急騰しました。1ETH=1696円に到達

参考:coingecko
coinmarketecap

2016年6月~2017年1月 The DAO事件からの低迷期

 

2016年6、7月 DAOがハックされ、ETHとETCに分裂 1ETH=12147円→1ETH=1075円

2016年6月まで上昇を続けましたが、ハードフォーク問題等でやや価格は下落しました。2017年1月時点では1ETH=約1000円の値をつけていました。

詳しくは2016年6月17日のハードフォーク~The DAOの失敗を参照してください

 

2017年2月~ イーサリアムの急騰

 

2017 年 2 月 EEAが発足 1ETH=1400円→1ETH=1772円
2017 年 3 月 1 ETH = 6,746 円
2017 年 5 月 Toyota Research Institute、三菱東京UFJ銀行など6社がEEAへ加盟
1 ETH = 29,126 円(半年間で 40 倍近くの上昇)
2017年5月後半リップルに抜かれていたイーサリアム(ETH)が高騰し再び2位の時価総額に浮上した。
2017年6月 ロシアのプーチンがイーサリアムを承認 1ETH=46,901円

 

参考:coingecko

 

参考:coingecko

この3月中旬からのイーサリアムの値上がりは、他のアルトコインの中で先駆けとも言える価格上昇となりました。5月21日の時点で22000円の値をつけました。また、5月19日の時点で10000円だったことを考えるとたった2日で2.2倍に増えたということです。

 

イーサリアムの歴史から見られる傾向

 

最近の傾向を見ると、イーサリアムは急激な上昇のあとに、きまって調整の下落があるのが一般的と判断できます。急な上げに出遅れたときはそれに飛びつくのではなく、調整局面で買うのが賢明かもしれません。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。ツイッターでも皆様に有益な情報を提供していきますのでフォローお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です