これだけ読めばいい!【イーサリアム】とは?まとめ 

イーサリアムとは

イーサリアムは2013年より天才ハッカー、ヴィタリック・ブテリン氏らによってブロックチェーンの仕組みを使った資産管理のプラットフォームを目指して開発が始められました。

ビットコイン2.0やアルトコインと呼ばれる通貨のなかで、「契約も一緒に管理する」という点が最大の特徴。

多彩な仮想通貨取引がデータとして記録できるという点でイーサリアムのほうがビットコインよりも数段進化しているとみなされ、イーサリアムは「個々の仮想通貨を従来よりも安全かつ円滑に取引できるシステム」と言い表されています。

時価総額については、ビットコインに次ぐ堂々の第2位であり、将来性が非常に期待されている仮想通貨です。

イーサリアムの生みの親、ブリテン氏のツイッターはここから

基本情報

公開日 2015年7月

通貨単位 ETH

システム Proof of Work/Proof of Stake

アルゴリズム Ethash/Casper

コイン発行枚数 6000万 ETH

ブロック生成期間 約15秒

通貨記号 Ξ

イーサリアムの特徴

ビットコインとの違い

  • 「通貨」でもあり、「契約」でもあり、「web上のシステム」でもある(自由度が高い)
  • 発行枚数が多い(発行枚数の上限は未定)
  • より改ざんされにくい
  • 独自のブロックチェーン上でアプリを作成し実行することができる
  • 発行上限がない

言ってしまえば、ビットコインの信頼性と利便性をさらに高めた、自由度の高い仮想通貨というわけです。

ハードフォークとETC

ただ、開発以降、イーサリアムは度々サイバー攻撃を受けることが多く、その安全性の確保が求められてきました。特にイーサリアムを利用したプロジェクト、TheDAOがハッキング行為によって失敗したときは、ハードフォークが実行され、ETHとは別の仮想通貨ETC(イーサリアムクラシック)が新たに派生しました。

2016年6月17日のハードフォーク~The DAOの失敗はこちら

スマートコントラクトについて

端的に、

自動的な契約執行」+「契約成立前と後の改ざん不可能」=スマートコントラクト
となります。イーサリアムの最大の特徴であるので、抑えておきたいところです。

◎詳しくはスマートコントラクトとはを参照ください。

今後の動向

価格推移

イーサリアムのチャート 参考:Coingecko

2017年1月に約1000円であった価格が、3月に価格上昇を開始し5500円を記録。
そして5月のゴールデンウィーク明けにもさらに上昇をし22000円を記録し、今回それから約1ヶ月で43000円という大幅な価格上昇となっています。
リリース直後は300円だったことを考えると、約143倍になったことを意味します。

イーサリアムは価格変動が激しく、現在はピーク時よりも10000円以上も下落、今後も激しい変動が予想されます。

ICOとEEA

その優れた特徴が評価されて、最近では企業またはプロジェクトの資金調達のため自らのトークンやコインを発行するICOにイーサリアムが利用されるようになりました。

これだけで完璧?!【ICO】とは?まとめ

多くの企業が注目するなか、マイクロソフトなどの企業が提携して発足したイーサリアム企業連合EEA)があります。国内ではトヨタや三菱東京UFJ銀行も参画し、ニュースとなりました。今後のイーサリアムの活躍に筆者も胸を膨らませております。

EEAのホームページ

ETHは他の企業も注目する金融商品!!

最後まで読んでいただきありがとうございます。ツイッターでも皆様に有益な情報を提供していきますのでフォローお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です