これだけで完璧?!【ICO】とは?まとめ

ICOとは

そもそもICOって何?

 

ICO(Initial Coin Offering)とは、企業またはプロジェクトの資金調達のために、自らのトークンやコインを発行することです。これはIPO(新規公開株)やクラウドファンディングに近いものであり、その企業やプロジェクトが成功するとトークンやコインの価格が上がり、投資した人の利益になります。これが投資家のモチベーションになります。

 

なんで企業はICOで資金調達をするの?

 

ICOの特徴として、

  • 従来のIPOのような資金調達方法に比べて、コストが低い
  • 少額からの資金調達ができる

このような特徴から資金調達の方法として、ICOが注目を集めるようになりました。

ICOになんでイーサリアムが使われるの?

 

ICOではイーサリアムが用いられることがあります。以下では、その理由を考えてみます。

  • イーサリアムにあるERC20というシステムがあり、ETHを送ると自動でトークンを送るという仕組みがあったということ
  • イーサリアムの持つスマートコントラクトという性質によって、取引の条件を管理出来るということ
  • イーサリアムの場合、ICOを行う企業の技術開発力は低くても大丈夫であること

以上のような特徴によって、イーサリアムがICOに用いられるようになりました。

ICOって本当に行われているの?

 

これはかなりの回数行われています!

実際に調べてみると、2016年だけで20回以上ものICOが行われていることが分かります。

例えば有名な例だと、The DAOという企業があります。この企業だけでなんと152万ドルもの資金を調達したのですが、結果としては運用に失敗してしまい、イーサリアムがハードフォークする原因になってしまいました。詳しくは以下の記事を御覧ください。

 2016年6月17日のハードフォーク~The DAOの失敗

また、今後もICOを行う企業、プロジェクトはたくさんあります。

以下のサイトの”Upcoming Crowdfunds & ICOs”という欄に、今後行われるICOが書いてあるので興味のある方は見てみてください。

https://www.coinschedule.com/

 

もしよかったら、twitterでも有益な情報をリアルタイムで発信しているので、フォローしていただけると嬉しいです。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です