2016年6月17日のハードフォーク~The DAOの失敗

イーサリアムの応用The DAO

かつて、イーサリアムのスマートコントラクトの概念を用いた壮大なプロジェクト(イーサリアムのネットワーク上で稼働するように設計されたフレームワーク)として「The DAO(Decentralized autonomous organization」がありました。非中央集権的で自主的な組織という意味です。

The DAOは投資家たちから資金を集めて、投資先を決め、配当を投資家に配分する投資ファンドの一種でした。

ただ、普通の投資ファンドと違うのはその資金をあつめて、投資先を決定する運営がいないこと。すなわち、非中央集権的であり、スマートコントラクトやブロックチェーンを利用して、資金を集め、投資家たちの同意を得ることで投資先を決定するシステムであったのです。そしてThe DAOの資金はETHによって集められました。

The DAOの失敗

しかし、これは結局失敗に終わります。100億円相当の資金の調達を短期間で達成し、世界の注目の的でしたが、ハッキングにより75億円もの資金が一瞬にして盗まれてしまいました。

The DAOの模式図

(引用元)⇒http://doublehash.me/the-dao-hardfork/

非中央集権的な組織というのは可能ではないという結論がだされ、The DAOの失敗が確定しました。

その後イーサリアムの運営元が話し合い、本来は禁じ手である「その取引をなかったことにする」(ハードフォーク)を実行した結果、新たな仮想通貨イーサリアムクラシックが生まれたのです。

イーサリアムに非はない!

ただ、重要な点としてこの失敗はイーサリアム本体には全く起因していません。あくまでもThe DAOが失敗しただけでブロックチェーンや仮想通貨、スマートコントラクトが失敗したのではない、という事を私たちは認識するべきでしょう。

その証拠として、イーサリアムは現在でも企業や人々を熱狂させ、注目すべき技術としてあり続けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です