上場と同時に時価総額トップ10にランクイン!仮想通貨IOTAとは

 

 

普段から仮想通貨ランキングはチェックしているのですが、気がつくと8位にIOTAっていう通貨がランクインしていました。ただ、周りではほとんど話題になっていなかったのでこれは先手を打ってビッグウェーブに乗れるかもしれない、、、(ニヤニヤ)

 

ということでIOTAについてまとめてみました。

 

 

基本情報

まずは基本的な情報から

開発:2016年7月
通貨発行量:2700兆(単位:IOTA Tokens)
・PoW(Proof of Work)
・送金手数料無料

私はIOTA(イオタ)と読んでいますが、正確にはIOTA(アイオーティーエー)です。

IOTAはIoTに導入することを目的に開発されました。仮想通貨というよりも暗号トークンというイメージです。

 

Internet-of-Thingsが拡大し続けるにつれ、相互運用性とリソースの共有の必要性が必然的になります。IOTAは、あらゆる技術リソースをオープンマーケットでリアルタイムで取引する潜在的なサービスを無償で提供することにより、企業が新しいビジネス2ビジネスモデルを模索できるようにします。

IOTAのHPより

 

 

そもそもIOTとは

 

まずはIoTという言葉について説明します。

IoTとはInternet of Thingsの略で、インターネットに繋がっているモノやその技術を指します。皆さんが持っているスマホもその一つです。これからの時代、様々なモノがインターネットに繋がり私達の生活を豊かにしていくと思われます。例えば、冷蔵庫がインターネットに繋がれば、卵が不足しているときには自動で注文してくれるかもしれません。他にも、今話題の自動運転技術もIoTの一つでしょう。Googleが本格的に開発に取り組んでおり、GPSやマップ、交通情報と連動して私達を目的地まで届けてくれます。

このようなIoTの開発は様々なITメーカーが取り組んでいますが、技術的に困難があるとも言われています。

 

それは、セキュリティ面と通信コスト、そしてスケーラビリティです。

様々なモノがインターネットに繋がるということは、それだけハッキングされる機会が増えます。さらに、
車や冷蔵庫など大きい製品はいいのですが、より小さいものに通信技術を装備するとなると、それだけ精密さが要求されるためコストが高くなります。

また、今後IoTが普及することによって電波が入り乱れ邪魔し合う状況も考えられます。

それらの問題を解決するのがIOTAです。

 

 

IOTAの技術Tangleとは

IOTAはブロックレスな分散型台帳アーキテクチャ、Tangle(もつれ)という技術にもとづいています。

簡単に説明すると、ブロックチェーンに似ていてもっと効率的で低負担の技術です。これはマイニングを必要としないため、手数料もかかりません。

こちらに詳しい技術の説明が書いてあります。⇨https://www.dropbox.com/s/uncgrn1oq22a2ur/IOTA_Whitepaper%20in%20Japanese.pdf?dl=0

このTangleによってブロックチェーンに近いセキュリティとコストダウンを実現できるため期待が高まっています。

IOTAは情報通信の階層に入れるようです。

 

IOTAの見解(共同設立者である、David Sønstebø氏のインタビュー)

コインテレグラフ社とIOTAの共同設立者である、David Sønstebø氏のインタビュー記事を参照させていただきます。


コインテレグラフ社(以下CT):Tangleとはどういったものなのでしょうか、そしてどのようにしてシステムに組み込んでいるのでしょうか?

David氏(以下DS):簡単に言ってしまえば、Tangleとは、有効非巡回グラフの一種ですが、ブロックチェーンの一般化したもの、とも言えます。低負荷な体制下で、ブロックチェーン的振る舞いをする一方で、高負荷であっても最終的にはお互いを統合し合う分家を作り出します。これにより毎秒たくさんの取引ができるようになります。IOTAの基本構造として、ビットコインにおけるブロックチェーンのような役目を果たすということです。

 

CT:Tangleによってビットコインや、Ethereumのようなブロックチェーン技術をコントロールすることは可能なのでしょうか?

 

DS:可能です。経済におけるエコシステムや、IoTなどを達成するためにクリアしなければならない問題を解決してくれる絶対的なソリューションというのは存在しない、というのが私のスタンスです。そのような万能なソリューションというものは滅多にあるものではありませんし、取引を通じてそういった新しいモノは常に生まれていくものですから。製品をデザインしていくうえで、”フレキシブルなトレードオフ”や”フィ-チャー・クリープ”、などと私達は呼んでいます。

もちろん、私達は、よくある平凡なソリューションに対してではなく、マイクロトランザクションへフォーカスを当てています。ブロックチェーンを通して、より密着したエコシステムを作る上で必要不可欠な役割を果たし、無駄なくよりよいコミュニケーションを実現することができるでしょう。きっと誰にとっても素晴らしい世界がそこにはあると私は思っています。

既に、Ethereumや、Bitshares、Nxt、Bitcoinersなどの人間と話していて、我々のもつそれぞれ異なるテクノロジーが生むであろう、化学反応に期待をよせています。

 

CT:IOTAはオラクルのようになることができるのしょうか?

 

DS:IOTAのブロックチェーンシステムとの連絡技術により、オラクルと同等の、よりスマートな契約をための結ぶ架け橋となるでしょう。例えば矛盾したレポートをよこしてくるような、別のプラットフォームによる取引チェックをする際には有用ですし、それぞれのレポートと、IOTAのPoW技術に連携を取らせ、より正確性の高い正しい情報をやりとりできるようになるだろうと期待しています。

 

全文を読みたい方はこちら⇨https://jp.cointelegraph.com/news/iota-a-blockchain-less-gasp-token-for-the-internet-of-thingsjp/jp

 

非常に前向きな意見をしているようですが、まだまだ技術としては改善の余地があります。IT企業も、独自でIoTの研究を進めているところが多いため、他社の技術を簡単に取り入れたりはしないでしょう。

 

いずれにせよ今後の動向に注目です。

 

 

IOTAを取り扱っている取引所

IOTAは現在Bitfinexという取引所だけが取り扱っています。
bitfinexはIOTAの他にもビットコインやイーサリアムなど約10種類の通貨を取り扱っています。

IOTAの評価が高まれば、他の取引所も取扱を開始するでしょう。


 

Teitterでも皆様に有益な情報を提供しているのでよろしければフォローお願いします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です