Segwitとは

この記事ではこの頃話題になっているSegwitとは何かを説明していきたいと思います。

Segwitとは

 

SegwitとはSegregated Witnessの略である。Segwitとは1つ1つ取引データから一部の情報(署名データ)を取り出し、他の場所の保存することをいいます。いままでブロックにすべての取引データ(imput,output,電子署名)を入れていましたが、これを行うことで取引あたりのデータを軽くすることができます。また、その一部のデータの集合体をWitnessと呼び、Witnessはcoinbaseトランザクションに入れられる。

 

 

今までであれば宛名と取引内容をセットで保存していたものを分けて別々の場所に保存できるようになりました。その結果、いままでの保存場所には取引内容だけを保存することができるようになったということです。

 

 

なぜSegwitをするのか

 

そもそもビットコインにはスケーラビリティ問題というものがあります。またこの問題については詳しく書くつもりなので軽く説明すると、保存する場所の容量の問題上現在7取引/秒しか処理できていない。そのため、処理速度を上げるにはどうすればいいだろうかというのがこの問題です。

 

 

Segwitのメリット

 

Segwitを行うことで1つのブロックあたりに入る取引の数が増えます。そうすることでマイナー達が承認を終えるまでの約10分の間で処理される取引の数が増え、今までよりもビットコインの決済が早くなります。ビットコインの必要取引手数料は取引データのサイズが大きいほど(取引の額が上がれば上がるほど)高いものなので、取引手数料が下がることにつながるかもしれません。また、スケーラビリティ問題の打開策にもなるかもしれないと期待されることで価格の上昇も見込めます。

 

『保存する場所の容量が小さいなら保存するものを最低限にしちゃえばいいんじゃない?』ということでSegwitを行い、取引できる量を増やしていくというのが目的です。それを達成することで①手数料が下がるかも②処理スピードが変わるかも③期待が上がり価格も上がるかもという3つの利点が得られます。

 

 

Segwitのデメリット

 

リスクとしては、segwitを行うことでノードが保存すべき容量自体は増えてしまうので権力が集中してしまうのではないのだろうかということがまず一つあります。また、送金手数料のダウンによりマイナーの報酬が減り、マイナーの数も減ってしまうのではないだろうかという問題、ソフトフォークによって自らの取引が無効になってしまうのではという問題もあります。

 

ビットコインのマイナーのパソコンの容量が足りなくなり、買い足せないマイナーは撤退することになり、用意できる人のみが利益を得るようななたちになるのではないかという問題ともらえるお金が減るからとマイナーをやめる人がでるかもという問題があります。

 

最近のビットコイン分裂騒動についてはこちら⇨ ビットコインまたも暴落、その要因であるハードフォークプランとは?

 

 

まとめ

 

まとめるとSegwitを行うことで多くのメリットもありますが、デメリットも存在するのでなかなかやろうという流れにならない現状があります。この流れが価格の変動につながってくると思うのでそういった情報を漏らさないようにしていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です