【ライトコイン】高騰!要因は!?

 

6月16日では3300円台だったライトコイン が、18日には5000円台まで暴騰した。

その要因をわかりやすく解説していきます。

 

考えられる要因は新しい取引所の創設」と「ビットコインの分裂騒動があります。

イギリスの取引所大手BITSTAMPがライトコインの取扱を開始

6月19日よりイギリスの最大取引所であるBitstamp社が新しくライトコイン を取り扱うことになりました。

 

⇨BITSTAMPはこちら

 

※この取引所は85万人を超える投資家が利用している他、ヨーロッパの各国で取引することが可能です。

信用が重要な仮想通貨において

「ヨーロッパ各国から信用されているBITSTAMPがライトコインを導入すること」

=「ライトコインの信用の保証」

といえるのです!

また取引できる投資家が増えるため

「売買しやすくなる」=「その分保有リスクが小さくなる」

という心理が働くと思われます。

結果としてライトコインが買いやすくなっているのです。

 

ビットコインの分裂騒動によってライトコインに逃げる動き

詳しくは先日の記事を御覧ください。

 

⇨ビットコインまたも暴落、その要因であるハードフォークプランとは?

 

この問題によって、何が言えるのか・・・?

それはビットコインの信用が下落するということです。

それによって、「通貨の価値が下がってしまうのではないか」と考える投資家たちが、ビットコインの欠点を補っているライトコイン に資金を避難させていると考えられます。

 

実際に見てみると、ライトコインの取引量は16日以降で大きく増加しています。

 

Cryptocurracyライトコインチャート(6月19日)

 

ライトコインは現在時価総額4位に上ってきており非常に注目されています。今後も動向をチェックしていきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です