【BitTarde】が新しくアルトコイン(リップル、ライトコイン)の取扱を開始しました!

仮想通貨取引所BitTradeでリップル(XRP)とライトコイン(LTC)の取扱いを開始しました。

 

 

現在高騰中のリップル とライトコインが新たにBittradeでも買えるようになりました!!

 

 

リップルが指値注文できる!

コインチェックはリップルを成行でしか買えませんでしたが、BitTradeなら指値で買えるため、スプレッドにうんざりすることがありません。

まだボリュームが少ないためアービトラージにも利用できます。

 

LTC/BTCも取引できます!

 

強固なセキュリティ

こちらの取引所は、ユーザーの資産をコールドウォレット(オフラインで管理)に保管しているためサイバー攻撃などによるリスクがありません。

そのため、わざわざ長期保有の資産をGateHubなどに移す必要はありません。

また、豊富なテクニカル分析付きチャットツールもあるので、皆さんの仮想通貨投資の手助けになるでしょう。

スマホにも対応!!

 


リップルは先月一週間で10倍近く跳ね上がりました。そこから一時大きく下がり、現在は30円前後を推移しています。
チャートを見ると底が固まってきてこれから上昇トレンドになると予想できます。

リップルとは

リップル(XRP)とは、仮想通貨の一種であり、送金速度を強みとしています。ビットコインでは5分から10分ほどかかる送金が、数秒で完了できます。

また、リップルは通貨としての価値だけでなく、資金決済を仲介する(ブリッジ通貨)としての役割に大きな期待が寄せられています。
リップルを使えば銀行間の通貨取引が数秒で済むという画期的なシステムにグローバル企業の「リップルを使った送金サービスの参入」が相次いでいます。

このシステムは、「IOU取引」という仕組みに基づいています。

詳しく知りたい方はこちらIOU取引とは【リップル】

 

リップル高騰の要因

リップルはこれまで画期的なシステムとして注目を集めていましたが、投資家たちはあまり手を出せずにいました。
理由として、現在リップルは1000億XRP存在していますが、その内617億XRPをリップル社が保有しています。投資家たちは、リップル社が大量のリップルを売却して価値が暴落するのではという不安があったからです。

しかし、リップル社がロックアップを発表したことで、その不安は消え、高騰に繋がったとされています。

リップル社がXRPのロックアップ(凍結)を発表で価格高騰<リップル情報>

 

価格が急激に上がりすぎたため、その後暴落し現在の価格で落ち着いていますが、今後100円、1000円になるという投資家も多く、非常に期待されています。

 

ライトコインの最新動向

ライトコインの記事はこちら⇩

 

【ライトコイン】高騰!要因は!?

 

この記事を見てリップル、ライトコインに興味を持った方はこちらから

仮想通貨取引はBitTrade

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です