ビットコインFXは初心者でも儲かるのか?リスクは?

bitcoin and bitcoin

アルトコインというその他大勢の銘柄も含めれば1000種類を軽く超えてしまう程膨大な数が流通しているのが今日の仮想通貨を取り巻く環境ですが、膨大な数の中でも相変わらず非常に高い知名度を誇っているのが仮想通貨の雄のビットコインです。

すっかり人々に根付いたからこそ昨今は向き合い方に変化が現れ始めており様々な応用法が生み出されているのですが、特に参加するユーザー数の数が増えていて顕著に高い存在感が現れ始めているのがビットコインFXです。

その名の通りビットコインを用いて株取引の一つであるFXに挑戦するという投資方法なのですが、チャレンジしてみたいと考えているユーザーの中には仮想通貨には慣れ親しんでいるものの、FXはもちろん株取引さえ未経験であるという方は稀有ではありません。

そもそも、FXというのは日本円と外国為替を両替する事により利益を発生させるという投資方法であり、通貨の価値が低くなっているタイミングを目掛けて買い求め、価値が高まった時に手放し差額分を得るという方式なので単純明快で何ら複雑な事はありません。

そうした株投資の方法が他の投資方法とは異なるのが投資額に対してレバレッジというものが掛けられる点であり、レバレッジを掛ける事によって本来の額よりも大きな額の取引が行われるようになります。

つまり、10万円分しか投資額が手配できなかったとしても、10倍分をかける事により取引額が100万円にまで高められるという仕組みです。

当然、収益分が10倍にまで高くさせられるという事は損をした際にも10倍の損失になるのですが、そのような仕組みがビットコインで行えるのがビットコインFXです。

仕組みを見た場合あえて仮想通貨に変更してから投資する事に取り分けて意味があるように感じられない方も少なくないのですが、実は既に現金を使ってFXに投資を行っている投資家こそビットコインFXに熱視線を注いでいます。

その理由は現金取引の事例では土日と祝日は取引をする事ができないため、平日は仕事をしているという方にとってはチャンスを逃しやすくゆっくりと動向を見極めて売買をする事ができません。

一方、ビットコインFXは24時間365日にわたって取引を受け付けているため、土日祝でも取引が断られてしまわず休日にゆっくりと投資を楽しむ事ができるためです。

そして、ビットコインも含めて仮想通貨というのはそれ自体が投資商品のような扱いになっているため、たった1日のうちに大幅に価値が変動しているという事例が多く、ビットコインとFXの相乗効果により非常に高いリターンが得られるケースも多々あります。

そのため、リスクは大きいもののその分大きなリターン得て儲かる方法を選ぶ投資家に好まれていますし、仮想通貨の黎明期からビットコインを手にしていた方にとってはほぼ自分の資金を投じておらず、自然発生的に増えていった通貨でFXに投資し巨額の富を得る事も夢ではありません。

このように投資商品で投資商品を購入するといった印象が強いビットコインFXは初心者でも楽しんで投資が行いやすいのですが、やはりリスクになる側面がある事も念頭に置いておきましょう。

まず、リスクとして挙げられるのは比較的流動性が良くないという事なのですが、流動性の円滑さを阻害しているのは皮肉にもトレード待ちというステップが存在するビットコインならではの仕様によるものです。

国内ではFXでの取引量がおよそ15兆円もあるのにも関わらず、ビットコインは世界規模で見ても一ヶ月間でおよそ15兆円しか無い事を考えても、円滑にトレードができないのは実証されています。

他にもビットコイン自体も法整備が行き届いていないので通常の取引のように会社が破綻した後に資産が戻ってくるという約束はされておらず、ハッキングの被害も含め会社に被害が生じ顧客の資産を失っても泣き寝入りするしかありません。